Möelva-B×B-

絵師集団ciliegioによるオリジナル作品オフィシャルブログです。男同士の恋愛が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PRAY FOR JAPAN ~Kyohshiro&Yukiya~.8

狂司郎は雪耶のほうに向き直って、
黙ったまま、じっと雪耶を見つめた。

長い睫毛に縁取られた、金色にも見える、
光彩の薄い切れ長の美しい瞳に吸い込まれそうで、
やけに胸がドキドキと高鳴り、なんだか
落ち着かない気分になる。

・・・やっべ、英先輩、近くで見るとすげー美形じゃん!
どうしよう、ヘンに緊張して来ちゃったよ・・・

心の中では、なにか言わなきゃ、と焦るものの、
どうしても言葉が出てこない。

じんわり頬が熱くなってきて、それでも狂司郎から
視線を外すことも、身動きすらできず、時が止まったかのように
硬直していると、出し抜けに狂司郎の左手が素早く動いて、
その長い指が、雪耶の広い額をぱちんとはじいた。
「って!!」
と思わず額を押さえたそのとき、ひときわ強い風が吹き、
校庭の桜の樹が大きく枝をたわませて花びらを一気に散らせた。


テキスト by ほっけ未凜

Copyright (C)   ciliegio2011, All rights reserved.


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。
 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村  にほんブログ村 イラストブログ BLイラストへにほんブログ村

拍手ありがとうございます(*´∇`*)
とても励まされてます
関連記事
スポンサーサイト

| 震災復興応援企画 | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moelvabxb.blog81.fc2.com/tb.php/287-631e62cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。