Möelva-B×B-

絵師集団ciliegioによるオリジナル作品オフィシャルブログです。男同士の恋愛が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あとがき【黒龍は木犀を甘く喰む】

【黒龍は木犀を甘く喰む】を書かせていただきました、辰城百夏です。
Moelva-B×B-にお足を運んでいただき、読了いただきましてありがとうございました。


 今回は、雪耶ラインのお話でした。
 前回連載の、狂雪【荊-月は闇に翳る-】から一転、雪耶の世話係である瀬名目線で語られる、ほんの少し雪耶の過去に触れたお話になっています。
 全く関係がないようにも思えますが、【荊-月は闇に翳る-】で狂司郎の元から去った雪耶が、瀬名を迎えに呼び出すシーンへと繋がっています。

 瀬名が雪耶と出逢ってから10年近く、雪耶の傍で、彼の生き方をずっと見つめてきました。
 両親、二人の兄と仲良く暮らし、何不自由なく育ってきた雪耶ですが、彼の背負っているものは、学び舎で共に勉強している他の生徒たちとは、あまりにも違ったものです。
 子供ながらに、他の子と自分は違うのだという認識を余儀なくされてきた雪耶にとって、瀬名の存在は家族に対するそれとは少し違った、頼れる心強い大人として身も心も預けています。

 本人が望んだものではなく、大人達の世界や都合に翻弄されながら育ってきた過去は、狂司郎も同じでしょう。
 そんな二人だからこそ、瀬名は狂司郎の存在を雪耶の良き友人として認め、雪耶を傷つける者は相手が誰であろうと許さないという信念を曲げてまで、雪耶が大切に思っている狂司郎と仲直りするように仕向けています。

 互いに同じような傷を心に負っていながら、その傷を広げるようにすれ違ってしまった狂司郎と雪耶。
 今後の二人にどんな道が待っているのでしょうか。
 これからの展開を、引き続き楽しみに待っていていただけますと幸いです。

 それから
 狂司郎と雪耶のみならず、Moelva-B×B-にはたくさんのキャラクター達が存在しています。
 彼らの活躍も、どうぞお楽しみに!
 皆様お気に入りのキャラクターを、是非コメントなどでお教えください。
 彼らから、何かアクションがあるかも……しれません♪

 次回は、ciliegioの面々より、何か企画があるようです。
 Moelva-B×B-の更新を、是非是非お楽しみに!


 あとがきを、最後まで読んでくださいましてありがとうございました。
 何時もご訪問いただいたり、拍手をいただいたり、心から感謝しております。
 ここを訪れてくださる方々に楽しんでいただけるようこれからも頑張ります。
 今後ともMöelva-B×B-をよろしくお願いいたします。


 辰城百夏


Copyright (C)   ciliegio2011, All rights reserved.


↓ランキングに参加しています。↓よかったらポチしてください。
 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村  にほんブログ村 イラストブログ BLイラストへにほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

|  ・雪耶ライン | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moelvabxb.blog81.fc2.com/tb.php/278-ca05018a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。