Möelva-B×B-

絵師集団ciliegioによるオリジナル作品オフィシャルブログです。男同士の恋愛が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成人向SS『桜の舞』

桜の舞

kyohjill090415S.jpg 

 はらはらと舞う薄桃色の小さな欠片。
柔らかく軽いそれはわずかな風に煽られて
青をより深く色を変え始めた空に、淡い色を散りばめる。

 見上げる狂司郎は、その光景をとても美しいと感じた。
だがそれも一瞬のこと。
今、己を包む熱い現実に引き戻される。

 音のない幻想的な風景の中に
相反する艶めかしい声と息遣いが間断なく続く。


「……あ……あぅ……ぁあ……あっあっ……」
見えているのかいないのか、焦点が合っていないような潤んだ瞳。
目尻のあたりが薄紅色に染まっている。
ジルのその顔に視線を戻した狂司郎は
右手をその頬に添えスッとラインに沿ってなぞる。

「んっ……ん……んんっ……はぁ……」
桜の木の根元に腰を下ろす狂司郎の下半身に跨り
妖しく腰を蠢かせているジルの口から掠れた声が洩れる。
狂司郎は彼の吐息を掬うように唇に触れる。
そのまま指をジルの口腔内に進入させた。
すぐにジルの濡れた舌が狂司郎の指を愛撫する。
熱いほどの温度を持つその舌は、まるで生き物のように指に絡みつく。
指に伝わる感触だけでなく目に映る映像としても狂司郎を煽る。

「……っ!……」
ジルの舌に煽られた狂司郎の腰が、下から深く突き上げる。

「ああっ……はあっ……あっ……」
一段と高い声をあげたジルがのけぞって後ろに倒れそうになり
狂司郎は慌ててその細い腰を抱きとめる。
それでもまだ腰を揺すり続けるジルの喘ぎは途切れない。

 指が抜かれた後もそれを探すようにチラチラと赤い舌を覗かせる。
唾液にまみれたジルの唇に、落ちてきた1枚の桜の花びらが貼りつく。
その小さなかけらを舌先で舐め取るように狂司郎がジルに口づける。
そのまま深い咬合になり、貪るように互いの舌を絡ませあう。
小さな花びらは二人の舌の間ですぐによじれ、
味わう間もなくどちらともわからないまま飲み下された。

「……ん……んん……」
舌が絡み合うかすかな濡れた音と、どちらからも洩れる吐息。

 淫猥な口腔内の交わりに狂司郎の猛りが一段と大きくなり
下から激しく突き上げを繰り返す。
左手でジルの勃ちきった雄を扱く。
擦り上げるたびに先から零れる透明な雫のせいで淫らな水音が洩れる。

「あぁぁ……・あっあっあっ……」
ジルの声がより高く激しく響く。
いやいやをするように首を振るジルの首筋に狂司郎が噛み付く。

「はぅ……う……ん……んっんっ」
唇を噛み締めるジル。
噛み付いた痕をねっとりと舐め上げる狂司郎。
ジルの上下する腰の動きが加速する。

「……も……もぅ……もぅ……」
切れ切れのジルの言葉に状態を察知した狂司郎は
自分自身も追い上げるように激しく強く突く。

「あぁっ!……」
狂司郎の動きに合わせ自身のポイントが擦れるように腰を振っていたジルが
大きく伸び上がるようにして身体を震わせる。
と同時に狂司郎の左手の中に白濁した熱い飛沫が迸る。

その瞬間のきつい締め付けに反応して狂司郎もジルの中に熱い液体を放った。

荒い呼吸が治まらず、
くったりと狂司郎の肩に頭を預けてくるジル。
狂司郎は自分の頬をくすぐるジルの柔らかい髪に手を差し入れる。
少し乱暴にクシャクシャと撫で、うっすらと汗ばんだ首筋を手の平で拭いてやる。


空は深遠な夜の色に変わろうとしていた。
ひらひらと舞い落ちる花びらは変わらず二人を彩っている。
だが、それは二人を隠すものではなく・・・。



少し離れた建物の影から二人を見つめる瞳があった。



ここは桜華学園の中
たとえ下校時間が過ぎていても
どこかで誰かの目が光っている―――

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

イラスト&テキスト by 流々 透雫



≪狂汁INDEXへ
≪作品INDEXへ



Copyright (C)   ciliegio2009, All rights reserved.

 

↓ランキングに参加しています。↓よかったらポチしてください。
 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ にほんブログ村 イラストブログ BLイラストへ

拍手ありがとうございます!

関連記事
スポンサーサイト

|  ・狂司郎×時留 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moelvabxb.blog81.fc2.com/tb.php/21-8e85ea61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。