Möelva-B×B-

絵師集団ciliegioによるオリジナル作品オフィシャルブログです。男同士の恋愛が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狂雪11.近づく距離3.

「……狂さん……」
 座った姿勢を動かさず、ポツリと小さな声で雪耶が呼ぶ。

 狂司郎は視線だけ雪耶に移す。


 返事をしない狂司郎に、聞こえなかったと思ったのか、振り返りながら、再び雪耶が呼びかける。
「狂さん……」

 雪耶を見つめる狂司郎の視線と、振り返った雪耶の視線がカチリと交わる。
 狂司郎が自分を見つめていたことに気づいた雪耶は、安堵と照れの混じったような幼げな笑顔を見せた。


 その笑顔を見た狂司郎は急に心が揺れるのを感じて、内心戸惑う。自分の心の揺れがなんなのかわからない。

 あの瞳のせいなのか?

 時折見せる雪耶の瞳の翳り・・・。振り返った直後の雪耶の表情には確かにそれを見たが・・・。

 いや、違う気がする・・・。それだけじゃないような・・・。あの笑顔を見たから・・・なのか・・・?


 そんな狂司郎の動揺をよそに、雪耶は狂司郎に並ぶように腹ばいに寝転がる。

テキスト by 流々透雫

≪狂雪10.へ  狂雪12.へ≫

≪狂雪1.から読む
≪狂雪ルートINDEXへ
≪作品INDEXへ

Copyright (C)   ciliegio2009, All rights reserved.

 

↓ランキングに参加しています。↓よかったらポチしてください。
 にほんブログ村 小説ブログ BL小説へにほんブログ村

拍手ありがとうございます! 

関連記事
スポンサーサイト

|  ・狂司郎×雪耶 | 13:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moelvabxb.blog81.fc2.com/tb.php/117-5cde73ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。